キク科

ヨメナと似た花(見分け方についても解説)




ヨメナは、あぜ道や野原などに咲く野菊です。
中部地方以西の本州、四国、九州に分布しています。

野菊は、秋の地を可憐に彩ってくれます。

しかし、野菊はたくさんの種類があるので
見分けがつきにくいことがあります。

ヨメナとノコンギクは、よく似た花が咲きます。

スポンサードリンク




ヨメナに似た花ノコンギクとの違い

ヨメナ ヨメナ

ヨメナの特徴について

キク科ヨメナ属の多年草。

本州から九州の山野や道端に生えていて、高さは60~120㎝ほどになる。

葉は、披針形で粗い鋸歯があり、表面はやや光沢があります。

花期は、7~10月で枝の先に紫色の舌状花と、
黄色の筒状花からなる3㎝ほどの花が咲きます。

痩果には、約3㎜の短い冠毛があります。

学名は、Kalimeris yomena

ノコンギク

ノコンギクの特徴について

キク科シオン属の多年草。

日本各地の山野に生えていています。

地下茎は、横に這い、よく発達し繁殖します。

葉は互生し、4~10㎝の披針形で縁に粗い鋸歯があり
表面はザラザラしています。

花期は、8~11月で茎の上部が分かれ
ゆるい散房花序をつけます。

淡青紫色の舌状花と黄色の筒状花からなる花が咲きます。

痩果には4~6㎜の冠毛があります。

学名は、Aster ageratoides var. ovatusです。

ヨメナとノコンギクの特徴についてご紹介しました。

分かりやすい違いは、
ノコンギクの葉はザラザラで、ヨメナの葉はツルツルして光沢があります。

他には、ノコンギクの舌状花と筒状花には、ふさふさの毛がついていますが、
ヨメナの舌状花と筒状花の冠毛は、ノコンギクに比べて短いです。

一見、とてもよく似ているヨメナとノコンギクを見分けるには、
葉を触ったり、花をよく観察する必要がありそうですね。