ユリ科

アガパンサスの花言葉




梅雨の時期から夏にかけて花が咲くアガパンサスは、
青紫や白など涼しげな色合いの花を咲かせます。

長く伸びた茎の先に、小さな花が花火のように広がっている様子は
とても華やかです。

また、ヨーロッパでは愛の花として人々に親しまれています。

アガパンサスは、愛と花を意味するギリシャ語が語源と言われており
恋人に贈る花としても知られています。

愛の花であるアガパンサスの花言葉を今回はご紹介します。

スポンサードリンク




アガパンサスの花言葉は?

南アフリカ原産のアガパンサスは、
ユリに似た小さな花をたくさん咲かせることから
「アフリカンリリー」と言われています。

アガパンサスは、愛と花を意味するギリシャ語が語源となり、
美しい花を咲かせることから
恋や愛に関連する花言葉がついています。

『ラブレター』『恋の訪れ』
自分の気持ちを恋人や想いを寄せる人に贈る花だったから

『知的な装い』
青紫色の花が凛とした印象を持つことから

その他にも
『恋の季節』『知的な振舞い』などの花言葉もあります。

スポンサードリンク




アガパンサスの花言葉の由来

アガパンサス 花画像

ヒガンバナ科アガパンサス属のアガパンサスは、
君子欄のような花を咲かせることから
和名では「紫君子欄」と呼ばれています。

西洋では、昔から愛の花として親しまれてきたアガパンサス。

学名のアガパンサスは、
ギリシャ語の「agape(愛)」と「anthos(花)」が語源となっているので
花自体の名前も愛の花という意味になります。

愛の花の意味を持つアガパンサスの花言葉が
「ラブレター」や「恋の訪れ」と言うのも納得できますね。