ユリ科

アガパンサス実(画像と動画つき)




アガパンサスは、南アフリカ原産の
ユリ科アガパンサス属の耐冬性多年草です。

淡い紫の花が枯れると、
ピーマンのような実をたくさんつけます。

アガパンサス 花画像アガパンサスの花

アガパンサスは、梅雨から夏にかけて淡い紫色の花を咲かせます。

長く伸びた茎の先にたくさんの小さな花を咲かせる姿は、
まるで花火のように優雅です。

暑さにも寒さにも強い丈夫な性質のアガパンサスは、
公園や道路沿い、川沿いなどでよく見かけることができます。

アガパンサスの花期

花の時期が終わると
少しぷっくりとした緑の実をつけます。

実は落ちることなく、
中から黒い種がこぼれて増えていきます。

アガパンサスの実

アガパンサスは、淡い紫の小さな花を球状に咲かせ、
葉の形が君子蘭に似ていることから
別名ムラサキクンシラン(紫君子蘭)とも言われています。

また、花の形が小さなユリに似ていることから
英名では、「アフリカンリリー」と言われています。