アサノハカエデの樹木としての特徴は?

アサノハカエデ

アサノハカエデは紅葉がきれいな樹木です。
以前までカエデ科に属していましたが、現在ではムクロジ科に属しています。
直立性の広葉樹です。

それではアサノハカエデの特徴について解説していきます。

アサノハカエデという樹木の特徴

アサノハカエデ

アサノハカエデは落葉小高木です。
高さは5m~10mになります。

葉は辺縁がノコギリのようにギザギザしています。
これを重鋸歯といいます。
また葉の形が麻の葉に似ていることから
アサノハ(麻の葉)カエデと名付けられました。

葉のつき方には

・互生
・対生
・輪生

などがあります。

 

アサノハカエデは対生です。

アサノハカエデ

対生とは樹木の茎のふしに2枚の葉が向かい合って
ついていることをいいます。

対生の樹木は他にも

・オトギリソウ科のキンシバイ
・オトギリソウ科のヒベリカム

などがあります。

 

それから樹木の皮の部分、いわゆる樹皮はなめやかでツルツル感があります。
アサノハカエデの分泌は福島県よりも南です。

当サイトで掲載している画像は兵庫県の三木山森林公園のものです。
兵庫県でも当たり前のように存在しています。

アサノハカエデが育ちやすい場所は
ブナやミズナラが混じっている湿度の高い場所です。

続いてアサノハカエデの紅葉に関して解説します。

こちらも参考に!⇒アサノハカエデが紅葉した画像と紅葉する原因

アサノハカエデの樹木としての特徴は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

カクレミノにつく害虫と対策
ヤマボウシの画像と特徴について
カクレミノでかぶれる原因は?
カクレミノの成長速度は?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 5月 07日
  2. 2017年 5月 11日
    トラックバック:クロガネモチの木の特徴は?
  3. 2017年 5月 16日
    トラックバック:トチノキの葉の特徴は?

ページ上部へ戻る