アヤメ科

グラジオラスが倒れる原因と対処法

グラジオラス




グラジオラスって倒れやすい植物です、
朝礼で校長先生の長話を聞いていて倒れる生徒みたいな感じかもしれません。

この記事ではグラジオラスが倒れる原因と対処法について解説します。

スポンサードリンク




グラジオラスが倒れる原因(1)花の咲き方

グラジオラス

どうしてグラジオラスって倒れやすいのでしょう?
原因の1つに花の咲き方が考えられます。

グラジオラスは茎の下の方から咲き始めます。
下の方から上の方に順番に花を咲かせるのです。
てっぺんの方まで花が咲くと、頭の部分が重くなり
倒れやすくなってしまうのです。

「どんな花でも下から上に向かって花を咲かせるんじゃないの?
グラジオラス特有の花の咲き方じゃないんだから
それで倒れたりしないんじゃないの?」
ってもしかしたら思った方もいるかもしれません。

アジサイ

例えばアジサイの花をご覧ください。
上中心に花が咲いていませんか?
下から順番というより上の方に花が咲いてますね。
もしかしたら、アジサイが倒れにくいのは
下から上に向かって花が咲かないからかもしれませんね。

逆にグラジオラスの場合は横に花が咲くのではなく
下から上に真っ直ぐ直線状に花が咲くから
倒れやすいのではないかと言われています。

これに関しては対処のしようがありませんね。
花の咲き方を私たち人間がいじることはできませんから。

スポンサードリンク




グラジオラスが倒れる原因と対処法(2)背の高さ

グラジオラス

グラジオラスが倒れやすいのは
背が高いというのもありますね。
しかもガタイの良い感じでなくて
ヒョロヒョロと細長い感じで背が高いのがグラジオラスの特徴です。
そのため、強風により倒れてしまうわけです。

対処法としては支柱を立てて
グラジオラスを固定する方法があります。

特にグラジオラスの場合は
先ほども解説したように花が下から上に真っ直ぐ咲いていくため
倒れやすいのもあります。

なので、蕾ができたタイミングで支柱を立てて
グラジオラスを固定しましょう。
四隅に支柱を立てて、その支柱からヒモを
グラジオラスにかけて固定することで
どこから風が吹いてきても倒れにくくなるはずです。

スポンサードリンク




グラジオラスが倒れる原因と対処法(3)土

グラジオラス

土がフカフカでも土台がしっかりしてないので倒れやすくなります。
土がいかにもフカフカで土台がしっかりしてなさそうなら
赤玉土の量を増やして土台を固めましょう。
それだけでも倒れにくくなりますよ。

また、太陽の光は光合成に役立ちますが、
光合成だけではタンパク質を合成できません。
茎を太くしっかりさせるためには窒素同化を促進させる必要があります。

なので、窒素が多い肥料を与えるのも
グラジオラスを倒れにくくする手段の一つだと思います。

窒素同化についてはこちらで解説しています。
炭酸同化と窒素同化の違いとは?わかりやすく解説