ネズミサシの葉の特徴は?

ネズミサシ

ネズミサシは利用価値の高い樹木です。
詳しくはこちらをご覧ください。
ネズミサシの木の利用方法

利用価値の高いネズミサシですが、
葉にはどんな特徴があるのでしょう?

ネズミサシの葉について

ネズミサシ

樹木の葉のつき方としては

・輪生
・対生
・互生

などがあります。

ネズミサシの葉は輪生です。
輪生とは茎のふしに3枚以上の葉がくっついていることをいいます。

ちなみに対生とは樹木の茎のふしに2枚の葉が向かい合って
ついていることをいいます。

アサノハカエデは対生です。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
アサノハカエデの詳細はコチラ

それから互生とは木のふしに1枚の葉が互い違いについていることをいいます。
ブナ科やカバノキ科は互生です。

ネズミサシ

話は戻ってネズミサシの葉の表面は凹んでいてV字型です。
裏側は緑色をしていて鈍い稜です。

葉先は鋭くとがっています。
なので触ると痛いです。

ちなみにネズミサシの名前の由来ですが。

ネズミサシの枝を置いておくとネズミに葉が刺さり痛がります。
そのためネズミが近寄らなかったため、ネズミサシと名づけられました。

ネズミ刺し⇒ネズミサシ
というわけですね。

若い枝には縦に数本の溝がある。老木では枝先が垂れることが多い。

こちらも参考に!⇒ネズミサシの木の利用方法

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 5月 05日
    トラックバック:アカマツの特徴は?
  2. 2017年 5月 21日
  3. 2017年 6月 30日
  4. 2017年 7月 11日

ページ上部へ戻る