カクレミノでかぶれる原因は?

カクレミノ

カクレミノの株を購入しようと思っている方や
植えかえをしようと思っている方、
あるいは森林植物園などに行って上記の画像のように
カクレミノと書いてある場合、注意点があります。

カクレミノを触るとかぶれることがあるからです。

カクレミノ

カクレミノの樹液にはウルシオールという成分が入っています。
ウルシオールとは漆にも入っている成分です。
あなたの体質によってかぶれさせることがあるんです。

カクレミノの樹液中に含まれるウルシオールがあなたの肌についてしまうと・・・

カクレミノでかぶれる

早ければ10分、一般的には1日から2日で肌にブツブツができ、
かゆみがでてきます。時間とともに水ぶくれができてきます。

ウルシオールに触れたのが初めてだった場合には
ブツブツができるまでの期間は遅く、二度目以降ならより早くなります。

ブツブツやかゆみはアレルギー反応の一種です。

カクレミノ

カクレミノの樹液に入っているウルシオールがアレルゲンになっているんです。

だから、ウルシオールがついた
またしみ込んでいった部分にのみブツブツができます。

つまり、脇近い腕についたウルシオールは、しみ込んで行って
手の近くまでブツブツができることはありますが、
足にブツブツができることはないってことです。

ウルシオールはばい菌ではない

もちろんウルシオールはばい菌ではないので
溶連菌みたいに他人にうつすことはありません。
溶連菌の詳細はコチラ

カクレミノ

つまり、家族の誰かがウルシオールでかぶれた場合、
周りの人が、かぶれたことでできたブツブツを素手で触っても
その触った人も同じような症状がでることはないってことです。

で、ブツブツは1週間くらいでピークになり、
その後、少しずつ水ぶくれが破れ遅くとも1ヶ月くらいで治ります。

でも、ひどいと痕が残ることもあります。
なので心配な方は皮膚科を受診するようにしましょう。

カクレミノでかぶれないようにするための予防法

カクレミノ

まず当サイトでも解説していますが、
ウルシオールを含んでいる植物を画像で理解しておくことです。

そしてウルシオールを含んでいる植物を触る場合には
ワセリンを肌に塗っておきましょう
【第3類医薬品】大洋製薬 日本薬局方 白色ワセリン(500g)

ワセリンを皮膚に塗ることで、膜ができます。
その結果、ウルシオールが皮膚から吸収されるのを防ぐことができるわけです。

それから服装も重要です。
長袖長ズボン、長靴を最強防御をしてください。
手袋もゴム手袋がおすすめです。
布などの手袋だとウルシオールがしみ込んで肌に到達してしまいます。

それでも、最悪カクレミノを直接触ってしまった場合には
すぐに水で洗い落としましょう。

こちらも参考に!⇒ヤマボウシの画像と特徴について

カクレミノでかぶれる原因は?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ヤマボウシの画像と特徴について

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 5月 01日
  2. 2017年 5月 02日
  3. 2017年 5月 02日
    トラックバック:カクレミノの成長速度は?
  4. 2017年 6月 01日

ページ上部へ戻る