北山杉の特徴は?

北山杉

ここでは北山杉の特徴について解説します。
そもそも北山杉は杉の仲間です。

なのでヒノキ科に属しています。

ただ北山杉という名前がついているくらいですから
ただの杉ではありません。

北山杉は京都市北部で育っています。
そして細くて見た目が美しい材木を目指して作られています。
こちらの北山杉の画像は明石市の公園で撮影したものです。

北山杉

北山杉

京都と書いてあるように北山杉は京都のシンボルなんです。
北山杉は天に向かいまっすぐにすくすくと育ちます。

これは京都もまっすぐ伸びていくことが連想できるから
北山杉はシンボルになったわけなんですね。

ちなみに北山杉が京都府の木として選ばれたのは1966年です。

北山杉

北山杉

では、北山杉ってどれくらいの歴史があるのでしょう?

北山杉の歴史は古いです。
室町時代に北山杉は誕生したんです。

今からすると約600年前のことです。
室町時代は1400年くらいの話ですからね。
すごく歴史のある木ですね。

北山杉

北山杉

それから北山杉の特徴としてはまっすぐに育つところです。
曲がったりしないということです。

脇目も振らず、ただひたすら前を見て
成長していく姿は、私たち人間も見習うところがありますね。

最後に北山杉は他の杉の木と比べて木肌に光沢があります。
なので見た目重視の建築資材として利用されています。

北山杉

北山杉

たとえば

・桂離宮
・修学院離宮
・大徳寺

などで北山杉が使用されています。

こちらも参考に! ⇒ブラシノキの葉の特徴とは?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 7月 12日

ページ上部へ戻る