ハイビャクシンの育て方は?

スポンサードリンク
ハイビャクシン

ハイビャクシンはヒノキ科の植物です。

同じヒノキ科にビャクシンがあります。

ビャクシンとハイビャクシンはすごく名前が似ていて
間違いやすいです。

ハイビャクシン

ハイビャクシン

簡単に見分けるポイントがあります。
ビャクシンは上の方へ上の方へ伸びます。
が、ハイビャクシンは地を這うように成長します。

なので簡単に区別がつくわけですね。

ではここからが本題です。

ハイビャクシンの育て方について解説します。

ハイビャクシンの育て方

ハイビャクシン

ハイビャクシン

まずハイビャクシンを植え付けるのに最適な時期は春です。
具体的には4月前後です。

日当たりがよい場所でよく育ちます。
また水はけがよくて
栄養豊富な土壌という環境がそろうともっと育ちます。

ハイビャクシン

ハイビャクシン

寒さには強いものの、日光が当たりにくい場所だと
成長がかなり悪くなってしまいます。

土が乾燥してきたようなら
すぐに水をかけてあげてください。

水不足はハイビャクシンが枯れる原因になりますから。

成長スピードは遅いものの
そう簡単に病気になりません。

ハイビャクシン

ハイビャクシン

そういった意味でハイビャクシンは非常に育てやすい植物だといえるでしょう。
ただ、高さが30cm以上になります。

いくらハイビャクシンが地を這って育つ習性があるにしても
芝生のような感覚で育てるわけにはいきません。

ハイビャクシンはネット通販で購入できますよ。
ソナレ(ハイビャクシン)【コニファー/グランドカバー/寄せ植え/コニファー販売/

こちらも参考に! ⇒ロウバイの種まきはいつが最適?

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る