イヌツゲ枝枯病に有効な薬は?

イヌツゲ

モチノキ科に入っているイヌツゲは
イヌツゲ枝枯病にかかることがあります。

この記事ではイヌツゲ枝枯病について
特にどんなおくすりを使って治療すれば良いのか、解説します。

イヌツゲ枝枯病の治療薬は?

イヌツゲ

イヌツゲ

まずお薬について理解するためには
イヌツゲ枝枯病の原因について知っておく必要があります。

なぜなら原因がわかるから治療法がわかるからです。

腸閉塞

たとえば人間や犬には腸閉塞という病気があります。
腸閉塞の原因の一つに異物が腸に詰まることが考えられます。

異物とは食べてはいけないもの
たとえばプラスティック容器や石ころなどのことです。

腸閉塞の原因が腸に異物が詰まることなので
治療は手術で異物を除去することになります。

こんな感じでイヌツゲ枝枯病の原因がわかることで
どんなお薬で治療をすればよいのか、わかるわけですね。

ではイヌツゲ枝枯病の原因ってなんでしょう?

カビ

イヌツゲ枝枯病の原因はカビの感染です。
具体的にはDiatrype属という分類に入っているカビが
イヌツゲに感染することで起こります。

Diatrype属のカビにイヌツゲが感染すると
枝が短期間にどんどん枯ていきます。

特徴的な症状は1本1本徐々に枯れていくところです。
もしそんな症状があるようならイヌツゲ枝枯病が考えられます。

イヌツゲ枝枯病

そんな場合にはカビをやっつけるお薬で治療します。

具体的にはチオファネートメチル水和剤の入ったお薬で治療します。
チオファネートメチル水和剤を1000倍に薄めて使います。

とはいえ、チオファネートメチル水和剤という名前の商品は
ホームセンターなどにはありません。

チオファネートメチル水和剤の入ったお薬はこちらから購入できますよ。
殺菌剤:トップジンMゾル30ml

最後にまとめますとイヌツゲ枝枯病のお薬はチオファネートメチル水和剤です。

こちらも参考に! ⇒ハナミズキ 花が咲かない原因は5つある!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 6月 10日

ページ上部へ戻る