エニシダが枯れる原因は?

スポンサードリンク
エニシダ

ここではエニシダが枯れる原因について解説します。
エニシダはマイナス5℃くらいの寒い場所でも生きていける木です。

すごく寒い場所でも生きていける木ですから
さぞかし強靭な樹木なんだろうと思いきや
意外と弱かったりします。

そうなんです。

意外と簡単に枯れてしまうんです。

なぜエニシダが枯れるのか、解説して生きます。

エニシダが枯れる理由

エニシダ

エニシダ

まずそもそもですがエニシダの寿命って短いです。
数年で枯れてしまうことがほとんどです。

なのでもしエニシダを植えてから数年たって枯れたのであれば
それは寿命が原因かもしれません。

もしエニシダを少しでも枯れさせたくないなら
挿し木をしましょう。

そうやって株を更新させるのです。
そうすればエニシダが枯れる可能性が減ります。

エニシダ

エニシダ

あとエニシダは低温には強いですが高温多湿に弱いです。
先ほども言いましたがマイナス5℃といった環境でも生きることができます。

なのに、梅雨の時期から夏場にかけての時期に弱いです。
枯れてしまいます。

なので梅雨から夏にかけては風通しのよい涼しい場所に
移動させましょう。

そうすれば、少しでも枯れる確率が下がりますから。

最後にまとめますとエニシダが枯れる原因は

・寿命
・高温多湿な環境でも

の2つが考えられます。

以上の点に注意すればエニシダを育てることは可能です。
エニシダはネット通販で気軽に購入できますよ。
赤花エニシダポット苗 庭木 落葉樹 低木●●

こちらも参考に! ⇒コウホネの画像をご覧ください!

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 6月 05日
  2. 2017年 6月 28日

ページ上部へ戻る